長野県選挙区・民進党参議院議員

羽田雄一郎の政見

チルドレンファースト
  • 子どもの育ちへの責任
    保育士の資格を持つ国会議員として、国の宝である子どもたちが社会に出るまで責任を持って支えます。
  • 幼児教育・高等教育の無償化のほか、待機児童の早期解消、0才~2才児含め、すべての就学前保育・教育の無償化
  • こどもの貧困の解消
  • すべての子どもが等しく教育を受けられる制度の構築
  • 学校給食の無償化
  • 育児休業給付の拡充、仕事と育児の両立支援の充実
  • 大学の学費引き下げ、給付型奨学金制度の拡充
  • 児童虐待防止対策の推進
  • 保育・介護・医療職員の給与や待遇等、勤務環境改善による人材確保
  • 子育て世代や働く世代の、仕事と介護の両立のための生活援助サービスと介護保険給付の確保
  • すべての子どもたちに子ども手当の給付
平和憲法と9条を守る
  • 子どもたちに平和な日本をつなぐ責任
    現政権による便宜的、意図的な憲法解釈の変更は、立憲主義に反しています。自衛隊を憲法9条に明記するだけだと言いながら、我が国の自衛権行使の限界を曖昧なまま自衛権の範囲を広げ、残念ながら日本は集団的自衛権行使による戦争に参加できる国になってしまいました。それらを到底容認できません。恒久平和のために専守防衛と核兵器廃絶を目指します。
  • 平和憲法と9条を守るため、安倍政権下での憲法改正には反対
  • 安保法制の違憲と指摘される部分の白紙撤回と見直し
  • 「領域警備法」「周辺事態法」で、近隣諸国からの脅威から我が国の領土領海を守ります。
農業を守る
  • 日本の農業を守る責任
    TPP 11、日EU、EPAが発効し、国内農業に大きな影響が出ています。TAG交渉でも、農産物の輸入拡大と自動車の輸出制限等大きな影響が懸念されます。米国は、すでに農業とサービス業の開放を求めています。断固反対して参ります。
  • 米・麦・大豆等の穀物等の農作物の生産拡大により、食料自給率を上げ、遊休荒廃地問題の解消を目指します。
  • 農業者戸別所得補償制度の復活と拡充。米だけでなく、野菜・果樹等にも広く導入します。
  • 担い手、家族農業、集落営農等地域の耕作維持のため、地域や営農形態の実態に即した財政支援と中山間地の適地的産品目の開発支援。
  • 外国人労働者受け入れ体制の整備による農業労働力の確保
  • 主要農作物種子法の復活
働く人を守る
  • クラシノソコアゲ応援団としての責任
    適正な雇用が保障され、病気や失業、子育て、老後など人生のあらゆるリスクに対応する制度の確立を目指します。
  • 長時間労働是正に向けた法整備と、労働者保護ルール堅持、強化
  • 時間外労働の上限規制と36協定締結による適正化で過労死ゼロを目指します。
  • 同一労働同一賃金に関する法整備
  • 障害者実雇用率向上に向けた就労支援策の強化
  • 解雇規制緩和に反対します。
  • 中小零細企業への支援を前提に、全国どこでも誰でも時給1000円以上を目指します。
  • LGBT差別解消や、パワハラ、セクハラ、マタハラ防止のための法的整備
  • 老後の安心した暮らし、介護による離職防止と、復職支援、介護労働者の処遇改善
  • 最低保障年金の確立と無年金者ゼロを目指します。
国民の生活を守る
  • 人の命とくらしを守る責任
    軽減税率をともなう消費税率引き上げには反対します。軽減税率の「軽減」は、国民の負担が軽くなるわけではありません。軽減税率は、消費の多い富裕層ほど恩恵を受け、「公平」「中立」「簡素」の税の原則に当てはまりません。公平で、透明で、持続可能な税制による国民が納得できる税制の構築を目指します。
  • 深刻な少子高齢化社会に対応するための「社会保障と税の一体改革」の着実な推進
  • 消費税の抜本的見直し、年金・医療・介護・子どもの育ちに使うという税の目的化
  • 税による所得再分配機能の強化、税制改革全般における地方の税財源確保
  • 地方への権限と財源の移譲、そのための受け皿づくり、一括交付金の復活
  • 交流人口拡大や、U・I・Jターンや過疎化の歯止め対策
  • 国民の命を守る災害対策
 

羽田雄一郎

Page TOP↑